車の査定を受けるときには、必要な書類や取扱説明書、記録簿などを事前に前もって用意してくだけでも好印象につながり、査定額が上がることもあるので、やっておいて損しないでしょう。

逆に、故障や事故を起こした事などを隠したり、嘘をついたりすれば悪い印象を受けます。 (さらに…)

近頃では、車の買い換えを行う際、専門の買い取り業者を利用する人が多くなってきているようです。

ところで一つ気にしておきたいことがあり、車の事故歴、修理歴を相手の業者に伝えないでいるとどうなるか、ということです。 (さらに…)

車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に普通、10000kmが目安と言われます。

年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて査定時にもその程度ごとに減点対象となり、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といってタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。 (さらに…)

自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。

じっさいに利用可能なバスや電車などが自宅の周りに多く存在し、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売り払ってしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。 (さらに…)