勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなことがあるのです。 (さらに…)

買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、あれこれ必要書類をかき集めることはしなくて大丈夫でしょう。



売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの何種類かの書類が入り用になってきます。 (さらに…)

乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては価格に及ぼす影響は少ないでしょう。


しかし、冬用のスタッドレスタイヤのままよりは、出来るだけノーマルタイヤに付け直しておくことをおすすめします。 (さらに…)

車を手放そうとするときに、中古車買取業者に出すのとディーラーに下取りに出すのとでは、何を一番に考えているかによってお勧め度が変化します。とにかく簡単に手続きを済ませてしまいたいのならば、ディーラーに下取りに出した方が簡単です。 (さらに…)

中古車を売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。 (さらに…)

業者による実車の査定においては車種やメーカーのみならず、車検証を見て、そこに書かれた年式、グレード、ボディカラーの確認をするのも当たり前のこととなっています。そして、各機器や車自体の動作チェックがおこなわれ、外装も隅々までみますし、それからエンジンルーム内の点検も入念に行われるのが当然のことですし、あれこれ含めると、査定自体の所要時間としては15分、あるいは30分位は見ておくべきでしょう。 (さらに…)

そろそろ車の買取を依頼しようと思って、WEBの簡単査定を利用しました。
車は高級外車のアウディで、5年くらいしか乗っていなかったので、査定額はそこそこ高額になるだろうと思って楽しみにしていたら、意外にも非常に安い金額だったのでびっくりでした。 (さらに…)

中古車屋の査定というのは、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、マイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。



そこで必ず減点対象となるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。 (さらに…)