国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。


近年はとくに売却(買取)絡みの電話が増加中で、一向に減る気配が見られません。
よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、夜間や仕事中にも電話がくる、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。ネット上で手持ちの車の無料一括査定をしたいけれど、個人情報はなるべく公開したくないというときには名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、売るときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、契約を交わした相手の個人情報を記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。車を売るときに最初に気に掛かってくるのは金額がどれくらいで提示されるのかですよね。
金額が自分の思うよりも低かったらガッカリしますしね。
車の査定を出してもらっても、金額が低すぎると納得できないんでしたら、売る必要はないのです。車を売ったあとで売るのをやめておけばよかったと後悔しても遅いので、一般的な相場価格よりも安いと思ったら別の買取業者の査定を出してもらったほうが良いです。
買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、あれこれ必要書類をかき集めることはしなくて大丈夫でしょう。



売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等の複数の証明書類が入り用です。
近頃、転居や結婚などの身辺変化があって姓や住所が違って、車検証や印鑑証明の記載内容と違ってしまっている場合には記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。売却予定の車の現物査定は、自分で業者に車を乗り付けていくか、さもなくば訪問査定の約束をとりつけて家で待つという方法もあります。
周囲には車の査定が来ていることが一目瞭然ですが、それさえ我慢できれば高額査定になりやすいという点で出張査定は利用者には有利です。自分で業者に持ち込むと1店ずつしか回れませんが、出張査定なら同時に複数の業者から査定を受けることができるので、契約を巡る価格競争の結果、比較的高額での売却が可能になるからです。不幸にして事故を起こした車であっても査定を受けることは可能ですが、査定にはかなりマイナスになるでしょう。
しかし、事故にあったことを隠しても査定する人にはバレてしまうので、イメージが悪くなります。事故でのダメージが相当大きい場合は、数は少ないですが、事故車を専門にしている買取業者の査定を受けるといいでしょう。こちらの方が高い額をつけてくれる場合もあるでしょう。



業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにも必ずしておくことといえば、簡単にいえば、契約書をよく読むことです。



どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。



業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった金額に関する文言はかなり注意して読まなければいけません。



裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。
急かす業者は論外です。
買取は詐欺の温床でもあるので気を付けましょう。高めの査定金額で安心させて、契約をさせておいて、なんだかんだとゴネて当初とは全く違う低い金額で買い取ろうとしてくるのです。そんな額では納得できないと断ろうとすると、車は既に輸送済みだなどと言って、運送や保管にお金が掛かったからなどと言って多額のお金を請求してくるという手口もあるのです。
その他にも、車の受け渡しをしたのに買取代金が振り込まれなかったという事件も報告されています。
中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。



ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。



現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が利益は大きいのではないでしょうか。価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、査定の金額も高くなるからです。

自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じである場合に限られます。

もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、完全にローンを返し切るまではローン会社所有の車ということになりますから、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。ただ、ローン会社の許可さえあれば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。車の下取り価格というものは過去何キロ走ったかによりだいぶ開きが出てきます。10万kmを超えた車では買取、下取り価格に期待は持てないです。

でも、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、1年で1万kmぐらいの普通自動車だったりすれば買取、下取り価格が高くなりがちです。実際の走行距離が少ない方が車の状態も良いとの判断になるわけです。



実際に車を見て査定してもらう際に、買取業者のところに車で行くのではなくて、家などに出張して査定してもらうという方法も選ぶことができます。

たいていの業者というのは出張査定は無料としています。

ですから同じ日に何社かに来てもらい、いわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、結果的に高額査定に結びつくのです。


雨天や曇天、夕方など暗いときに査定してもらうと、車のキズなどのアラ隠しになって減点されにくいと言われています。
ただ、買取業者もそれは承知なので、むしろ念入りにチェックする傾向もあります。

そもそも洗車してきれいな状態の車というのは晴れた自然光の下では断然見栄えがします。ちょっとした自然条件の違いではありますが、それぞれこちらが絶対有利なんてものはないですし、そこまで天候にこだわる必要はないでしょう。結婚して生活が落ち着いてきたのを機会に、思い切って車を買い換えようと思い、思い切ってちょっと高い買い物をしました。



他メーカーの車でもOKというので下取りしてもらい、買い換え自体初めてだったので、見積書を見ても、下取り価格が値引き額同然に思えてきて、これは有難いと決めました。

その後、同期の友人に「そんな安いはずないだろ」と言われ、車買取り業者の見積りだけでもとっておけば良かったなといまさらながらに後悔したものでした。

所有する車を買取に出そうと考えたときにお勧めできるのが、ネットを利用した一括査定サイトで査定してもらうことがうまい選択肢でしょう。

さまざまな企業の査定金額を比較して検討することができるので、あっちこっちの店舗に出向いて査定してもらわなくても高値で取り引きしてくれる会社を取捨選択可能なのです。


また、さらには自分が持っている車の価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。